文系JDは趣味を理解して愛人化

物静かで読書や映画鑑賞が大好きな文化系の女子大生を愛人化したい…そんなことを夢想している男性も少なくないでしょう。「でも俺はもういい年齢だし、無理か」、なんて諦める必要はありません。恋愛に奥手なこのタイプは、年齢など関係なく、あるポイントを押さえれば楽勝で愛人にできます。まずは知り合う場所とタイミングを考えてみましょう。

SNSに絞っていこう!

引っ込み思案で目立つことが嫌いな文系の女子大生は、アプリやゲームサイトを利用することはほとんどありません。使っているとすれば、フェイスブックやミクシーなどの古典的なコミュニティーサイト。更新頻度はまれですが、一日に何度かは必ずマイページを覗いています。授業が終わって帰路に着く5時過ぎの電車の中、また眠る前の11時頃。ちょっとした時間ではありますが、ピンポイントで狙えばレスポンスは得られます。

メッセージを送る際には、マイページの内容をよく読み込むことが大切です。特に注目すべき欄は、「趣味」。本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き、そんなことを書いているはず。「実は僕も○○が好きなんですけど…」と趣味にかこつけてファーストメッセージを送ってください。自分の世界を大事にしている彼女たちは、その手の話題に弱いものです。

デートも趣味に合わせて

実際にデートに誘うことができれば、その内容も文化的なものにしましょう。動物園や水族館を見て回る、映画館で好きな作品を見た後、カフェでくつろぎながら語らう…。

ただのデートで終わらず、愛人関係に結び付けるために大切なことは、プレゼントを用意しておくことです。彼女が好きそうな本やDVDを、帰りしなにそっと贈ってあげましょう。会うたびに渡していれば、自然と、「プレゼントと引き換えにデートをする」という関係性ができあがってきます。機を見て肉体的な接触に持ち込めれば、愛人化は完了です。

実際、彼女と趣味が合うかどうかは大した問題ではありません。「フリ」をすればいいだけの話です。サイトで好みの文系女子大生を見つければ、とにかく彼女の趣味を研究してその世界に精通してください。労を惜しまずアプローチすれば、必ず愛人契約への道は開けます。