若年OL攻略は『疲れ』につけ込む

若いOLを落として愛人化したい…そんなことを思っている男性もいるでしょう。彼女たちを口説くためには、「疲れ」についてよく考える必要があります。学生を相手にするようにガンガンとメッセージを送ればいいものではありません。社会に出たてのOLたちはさまざまなストレスを抱えています。タイミングと攻略法を吟味してアプローチしましょう。

基本! アフター8を狙え

仕事が終わるのは、どの会社でも大体午後5時か6時頃です。しかしこのタイミングでメッセージを送るのは早計。クタクタに疲れている彼女たちには、返信する余裕はありません。SNSやアプリを覗くつもりになれるのは、帰宅してお風呂と夕食を済ました8時以降です。「お疲れさま」という挨拶を忘れずに、慎重に接触を試みてください。

メールの内容は、努めて軽いもので。疲れている女性たちに質問攻めや下ネタはハードです。世間話のラリーを一週間ほど続ければ、自然と相手もあなたからのメールを期待するようになります。タイミングを見て、デートに誘いだしてください。土日はしっかりと休みたい彼女たちには、金曜日の晩に「ちょっと食事でも」と持ち掛けるのが一番です。

仕事の話はしないこと

まだまだ会社に入りたてのOLは、ほとんど重要な仕事を任せられていません。ひどい場合は、ただのお茶汲みとして使われていることもあります。そんな彼女たちにとって、仕事の話を突かれるのは、きついことです。実際にデートをするときも、バーで軽くお酒を飲みながら、メールのときと同じようにごくカジュアルな世間話をやり取りしましょう。

口が軽くなるのは、楽しかった学生時代の話。何を学んでいたか、サークルではどんな活動をしていたか…そんなことに水を向ければ、話にも花が咲きます。するとあるタイミングで、向こうの方から、「実は…」と仕事に関する悩みを打ち明けてくるはず。

もしあなたが年上なら的確なアドバイスを、同年代ならうんうんと同調してしっかりと話を聞いてあげてください。ただそれだけで十分な満足感を与えることができます。

後は時期を見て肉体的な接触を持ち、「これからも疲れたときに会えたらいいね」と遠まわしに愛人契約を持ちかけるだけ。肉体的・精神的な「疲労感」をよく理解すれば、それを利用して彼女たちの心につけ入り、継続的な関係を築くことができるんです!