フリーター娘とは同じ目線に立って

フリーター娘を口説くのなんて、金さえちらつかせれば簡単!…そんなことはありません。意外にもプライドの高い彼女たちを愛人にするには、ちょっとした工夫が必要なんです。
高校・大学を卒業しても定職につかずぶらぶらとしているフリーターの女の子は、口説きやすいようで実は難易度が高め。妙にプライドが高いので、籠絡するにはちょっとしたテクニック・駆け引きが必要です。しかし一度落としてしまえば、社会的に拠って立つものもない女の 子たちですから、愛人とすることもそこまで難しくありません。

どこにでも現れるフリーター

アルバイトをしているとはいえ、基本的に余暇の時間が多いフリーター娘たちは、アプリ・SNS・ゲームサイトのすべてによく出没します。社会とのつながりが希薄なので、とにかく人脈だけは広く保っておくべく、利用時間も長め。ほとんど全時間帯に彼女たちの姿を見つけることができるはずです。しかし効率的に愛人化を進めたいならば、警戒心が緩くなりがちで、初対面の人とも交流しやすくなる夜の8時以降がベストでしょう。
妙にテンションの高い書き込みを見つければ、すぐにメッセージを送ってみましょう。ノリノリの文章は「寂しさ」の裏返しですので、即刻レスポンスがあるはずです。

イエスマンになって、口説く

たとえばスカイプでは、複数のアカウントを作ってそれを使い分けることができます。仕事用、友達用、愛人探索用と、3つのアカウントを取ればいいわけです。
とにかく安全な方法ではありますが、デメリットもあります。切り替えが面倒な上、他のアプリに比べてやや利用者数が劣るスカイプでは、十分に愛人を探すことができません。

ケータイを2つ持つ、あるいはアプリを2個使う

社会的に立場の弱いフリーターたちは、その分「声」は大きめで、プライドも高め。「私は○○だと思う」「私は○○だから~」と自分を主語にして話を展開したがります。
ここで彼女の意見・考えを否定してはいけません。「うん」「そうだね」とひたすらイエスマンに徹し、時折簡単な質問をして話を広げてあげればOK。「この人は私の話を聞いてくれる!」と思わせ、他の小うるさい大人との差異をアピールしましょう。
「自分を認めてくれる人」が彼女たちの理想とする男性像。つまり、「ものわかりのいい大人」を演じればそれで良し、ということです。彼女たちと同じ目線に立って、うんうんと繰り返し頷いてあげましょう。プライドが高いので時間はかかってしまいますが、そこさえ切り崩せばただの若い女の子。デートを重ねて、タイミングを計って肉体的な接触を持ち、そこでは男性としてしっかりとリードしてあげる…これだけで愛人化は完了です。
たかがフリーター、という偏見を捨てて一人の女の子として接してあげましょう。自分の若い頃を思い出して、多少力任せな意見も、目を細めて見守ってあげてください。