ゲームに適したスマホ選び

SNSなどと連携することによって、スマホソーシャルゲームでも素敵な出会いをゲットすることができるようになってきています。
特に、大人気の白猫プロジェクトなどは20代から30代のユーザーがとても多いことから、素敵な出会いをゲットできる可能性も高いと言われています。

しかし、最新のゲームは機能などが充実していることから、スマホも高いスペックを求められるようになってきています。

そこで、ここではゲームに適したスマホ選びのポイントについてご紹介してみたいと思います。

重要なのは処理速度よりもメモリ?

ゲームをプレイすることを考えると、やはりCPUの処理速度を気にする方が多いようです。確かに、白猫プロジェクトのように動作の多いゲームの場合、かなりの処理速度が必要となってきます。
しかし、近年ではほとんどのスマートフォンで高速なCPUが採用されていますので、どの機種を選んだとしても、それほど違いは感じられません。

それよりも重要なのがメモリの容量です。特にandroidスマートフォンの場合、ゲームをプレイ中であっても他のアプリが動作してしまうことも少なくありません。
そんな時にメモリが十分でなければ、ゲーム中であっても動作が重くなってしまったり、最悪の場合、強制終了されてしまうこともあります。
シングルプレイであればそれほど問題ありませんが、協力バトル中であれば、回線が切断されてしまうことになりますので、他のメンバーに迷惑をかけてしまうことになるかもしれません。

そのため、androidの場合はメモリは最低でも2G以上のものをチョイスするようにしましょう。

iOSのほうがスペックは低いのに早い?

スペックだけをチェックすると、iPhoneよりもandroidスマホの方が高性能なものが多いように感じられます。
そのため、重いゲームをプレイする際にはandroidスマホの方が良いのでは?と思われがちです。

しかし、スペックは低くてもiPhoneの方が快適に動くゲームも少なくありません。それはどうしてなのでしょう?

その理由はとてもシンプルなもので、単純のiOSの方が本体に負担を掛けずに動作をすることができるためです。

Androidの場合、さまざまな端末に対応しなければなりませんので、それだけ効率的にすることはできません。
これが動作の重いゲームに対して悪影響を及ぼしてしまうことがあるのです。

ゲーム専用スマホを用意するのもあり?

他のアプリを多く入れると、自動アップデートなどのため、ゲームのプレイ中に動作が重くなってしまう可能性が高くなります。
そのため、ゲームをするためだけのスマホやタブレットなどを用意するという方も少なくありません。

近年ではSIMフリーの高性能な格安スマホも登場しています。これらを格安SIMと組み合わせ、ゲーム専用スマホにしてしまうのもありでしょう。
実際にスマホゲームのへヴィユーザーの中には、ゲーム用に普段使用するものとは別にスマホを用意している、というケースも少なくありません。

快適にゲームをプレイするためには、スマホ選びも大切なポイントとなります。ただゲームを楽しむだけでなく、それをきっかけとして出会いのチャンスもゲットしたい…そう考えているのであれば、できるだけ快適な環境でプレイすることのできる環境を作るようにしましょう。