愛人関係はセックスが5割

特定の女性と穏やかな愛人関係を保つためには、常にベッドにおいて十分な配慮を払わなければなりません。彼女たちがパートナーに求めているものは、デートで満たされる精神的な満足感が5割、そしてセックスで満たされる肉体的な満足感が5割です。どちらもおろそかにしてはなりませんが、時間と共に特にいい加減になりがちなのはセックスです。

マンネリは大敵!

たとえどれほど魅力的な女性とのプレイも、10回もすれば大体はパターン化してきて退屈になってしまいます。セックスがマンネリになれば女性としても愛人関係を続けるモチベーションが低下してきます。「何か飽きたな」と思われたら、そこで終わりです。

愛人とのプレイを常に刺激的なものにするためには、セックスにもさまざまな工夫を凝らす必要があります。たとえばバイブレーター、ローター、電マなどのオモチャを使ってプレイしてみる。コスチュームをまとって、ロールプレイを楽しむ。いつもはホテルでしているのに、互いの自宅や、人気が消える深夜のベランダで交わる…。

あの手この手で、新鮮なセックスを追求しましょう。

でも心は正直…EDの恐怖

何度も同じ相手と肌を重ねていて、突然アレが勃たなくなる…そんな苦い経験をしたことのある方も少なくないでしょう。愛人とのプレイにおいても、そのリスクはあります。マンネリ化を打破するために種々のプレイに挑戦していても、心の底からセックスを「楽しい」と思っていなければ、いずれムクリともしてくれない日が来ることになります。

そのときの女性側のショックをよく考えてみましょう。「この人、本当は私とのセックスなんて楽しくないんだ…」そう思われると、二人の関係はそこでおしまいです。

変則的なプレイだけではどうしても自分の心をごまかせない…そんな人は、緊急に備えてバイアグラなどの薬を準備しておきましょう。セックスを楽しめないどころか、セックスができない状態になれば、愛人と共に男としての自信まで失ってしまいます。

たとえば夫婦間ならば、ある程度一緒に暮らすとセックスがなくなるのも自然なこと。しかし愛人関係では、そういうわけにもいきません。常に健全に勃起し、激しくて濃密なプレイをこなす「義務」があることを忘れてはいけません。