デジタルライフハックを検証!

ネットで検索をかけると様々なデジタル機器に関するライフハックを見つけることができます。いざというときのために、頭に入れておけば困った事態になってしまった時に助けられることもあるでしょう。 ですが、中には「これって本当に効果あるの?」と疑問に感じてしまうようなものも少なくありません。

そこで、ここでは筆者が実際に様々なデジタル機器に関するライフハックを試してみました。
これから挑戦する方は参考にしてみてください。

壊れてハードディスクは冷凍すると復活する?

パソコンを使用中にハードディスクが壊れてしまった…ある程度パソコンを使用している方なら一度はそんな経験をしたことがあるでしょう。
重要なデータが入ったハードディスクがクラッシュすると、頭の中が真っ白になってしまいますよね。

筆者もそんな経験を何度かしました。こまめに外付けのメモリやハードディスクに保存していれば何の問題もないのですが、そんな時に限って大切なデータのバックアップを忘れていた…なんてこともあるでしょう。
そこで、気になるライフハックを見つけました。それは「壊れたハードディスクを冷凍すると復活する」というものです。
はっきり言って、怪しすぎます。むしろトドメを刺してしまいそうですよね。ですが、いくつかのサイトで紹介されている有名なライフハックの一つです。そこで、筆者は藁にもすがる思いで試してみました。

筆者の場合、ネットで見つけた情報を元に、ビニールに乾燥剤と一緒に入れて家の冷凍庫に数時間いれてみました。ちなみに、完全に読み書きができなくなってしまったものです。再利用するつもりはありませんが、せめて中のデータだけでも取り出すことができれば…という想いで試してみました。

結果は…残念ながら全く効果はありませんでした。一応、パソコンに接続すると反応はするのですが何も変わりません。

理屈としては冷やすことによってディスクの歪みなどが修正され動作不良を改善してくれるというもののようです。
ですが、筆者が失敗してしまったように、症状によっては全く効果が得られないようです。また、かろうじて動いていたハードディスクを冷凍してしまったことによって壊れてしまった…というケースもあるようですので、あまりお勧めはできません。

壊れたハードディスクを修理するのはとても困難ですし、データを取り出すのも素人ではまず無理でしょう。専門業者に依頼すればデータの吸い出しのみであれば可能なケースもありますが、かなりの料金がかかりますので、やはりできるだけこまめにバックアップを取るようにすべきですね。

水没したスマホはとにかく放置?

今度は成功した例についてチェックしてみましょう。毎日のようにスマホを持ち歩いていると、何かの拍子に水没させてしまうことがあります。
精密機械ですので、基本的には水没すると壊れてしまいます。防水タイプのスマホ出なければ、まずそのまま使うことはできません。

筆者も以前、不注意でスマホを水没させてしまったことがあります。そこで、以前耳にしたことのあるライフハックを試してみました。
それは、すぐに電源を落として、可能な限り水分を拭き取り、ドライヤーなどで乾かした上で、放置するというものです。
私の場合はサブで使用していたスマホでしたので一週間ほど放置してみました。そして電源を入れてみると、なんと見事に動いたのです。もちろんデータなども全て無事です。

もちろん、これも確実な方法ではありませんし、ある程度の期間はスマホが使えなくなってしまいますので、どんな場面でも対応できるわけではありません。
ですが、一つのライフハックとして頭に入れておくと良いでしょう。