ウェブカメラに監視される

パソコンは現代人の必須アイテムです。いくらスマートフォンやタブレットが便利になったとは言っても、パソコンは決して不要になることはありません。仕事やプライベートでも毎日のように使用しているという方がほとんどでしょう。
そんなパソコンの中でも、近年主流となっているのがノートパソコンです。少し前まではとても高価でしたし、性能もあまり高くないものが多かったので、デスクトップユーザーが大半を占めていました。ですが、現在ではノートパソコンの低価格化や高性能化も進んだことによって当たり前選ばれるようになりました。

確かにいつでも持ち運ぶことのできるノートパソコンはとても便利なデジタルツールでしょう。
ですが、最近のノートパソコンのほとんどにはディスプレイの上部などにウェブカメラが搭載されているものが多くなってきています。
あなたが今使用しているパソコンにもウェブカメラが付いているのではないでしょうか?

そんなウェブカメラに監視されている…そんな都市伝説があります。ここではその真相に迫って見たいと思います。

ウェブカメラに監視されている?

そもそもウェブカメラとはどう言った用途で使用するものなのでしょうか?様々な使い方がありますが、メインとなるのがスカイプなどのコミュニケーションツールでの使用です。テレビ電話のような形でお互いの顔をみながら通話する際に使用されるケースが大半でしょう。
最近ではプライベートでのコミュニケーションだけでなく、ビジネスでの打ち合わせや会議などでもスカイプが使われるケースが多くなってきていますので、これもまた現代人の必須ツールと言えるでしょう。

一昔前までは、この機能を使用するためには専用のウェブカメラをパソコンに接続する必要がありました。これをパソコンに内蔵することによって便利になったと感じている方も多いでしょう。

ではウェブカメラに監視されるとはどう言ったことなのでしょう?カメラですので、当然映像をどこかに送信することだって可能です。
では、あなたのパソコンに何らかのウイルスなどが入っていた場合どうでしょう?勝手にカメラが起動されて、どこかにその情報を送信している可能性だってあるのです。

一部の中国メーカーのノートパソコンには最初からそんなプログラムが入っていてウェブカメラで監視され続けている…そんな噂が流れたこともありました。この噂の真偽は明らかにはなっていません。もちろん、メーカーがそんなことをしていたら大きな問題ですので、おそらくは単なる噂話でしょう。
ですが、実際にウェブカメラを使って映像を送信させるといったウイルスは存在しています。もし、あなたのパソコンがそんなウイルスに感染していたとすれば、あなたのプライベートな映像がどこかに流されているのかもしれないのです。

このウイルスはネットストーカーなどにも使われていると言われています。最近のウイルスはとても巧妙に作られていますので、素人がちょっとチェックしても分かるものではありません。
ですので、最初から感染しないように不審なメールを開いたり、不用意にデータのダウンロードをするのは絶対に避けるべきでしょう。ウェブカメラに監視されながらの生活をしたくないという方はこれは絶対に守ってください。