SNSストーカーの恐怖

あなたはSNSを利用していますか?若い世代の方であればそのほとんどがFacebookやツイッター、インスタグラムなどのSNSを利用しているのではないでしょうか?
これは確かにとても便利なコミュニケーションツールです。仲間内でのちょっとした連絡に使うこともできますし、逆にまったく知らない人と出会うことだってできてしまいます。
その便利さ、楽しさから最近では個人的に楽しむだけでなくビジネスで利用しているという方も多いでしょう。

あまりにも多くの人が当たり前に利用していますので、SNSは安全な場所であると考えてしまいがちです。
確かに大型SNSはある程度安心して利用できるようにシステムが作られています。ですが、どんな情報を出しても「絶対に安全である」とは言えないのです。

ネットストーカーが多くなっている?

近年マスコミなどでも大きな話題となっているのがネットストーカーです。あなたが日常的にさまざまな写真や情報をアップすると、それをもとにしてさまざまな情報を引き出し、ストーキングされてしまうのです。

たとえば、あなたがアップした何気ない一枚の写真からでも、場合によってはさまざまな情報を得ることができてしまいます。
スマホにはGPS機能が搭載されていますので、カメラ機能を使って撮影するとその場所が記録されてしまうのです。なので、あなたが何気なく自宅でとったペットの写真から、住所がバレてしまう可能性だってあるのです。 最近ではデジカメにもGPS機能が搭載されているものが多くなっていますので、この場合もやはり同じように住所がバレてしまう可能性があるのです。

実際にこれによって自宅の住所がバレてしまい、嫌がらせやストーキングを受けてしまったという方も少なくありません。
特に女性の方は注意が必要でしょう。

また、SNSなどへの投稿から生活スタイルなどを把握することも可能です。何気なくツイッターなどで「今から出勤」「今から帰る」「今日は休み」とつぶやいている方も多いのではないでしょうか?
これを毎日チェックするとあなたが家を出る時間、帰宅する時間、そして休日のサイクルなども知られてしまうことになります。
そこに、前述のように写真などで住所がバレてしまうと、簡単にストーキングすることができてしまうのです。

さらに、交友関係だって知られてしまいます。最近のSNSでは友達やフォロワーも簡単に見ることができますので、普段からあなたがどんな人と付き合いをしているのかも知られることになるでしょう。そんな交友関係から職場や学校がバレてしまうというケースも少なくありません。

あなたは何気なくつぶやいたりやりとりをしているだけのつもりでも、悪意を持ったユーザーからして見れば、嫌がらせやストーキングをするための材料を提供していることになっているのかもしれません。

そこまで考えるとSNSなんてできなくなってしまう…そう思ってしまう方も多いでしょう。 ですが、これは真実です。これを頭に入れた上で「ちょっと考えすぎなのでは?」と思われてしまうくらいに警戒すべきなのです。

私たちの生活からネットをつかったコミュニケーションはもはや切り離すことができないものとなってしまいました。
便利な側面がある一方で、こういった問題も潜んでいることをしっかりと頭に入れておくべきでしょう。