決めたくないけど捨てるのも惜しい!愛人候補のキープ方法

知り合った瞬間、即ひとりの女性に決められる方はあまりいません。実際に会って、長く一緒にいないと相性がいいかもわからないでしょう。できればより多くの人を愛人候補としてキープしたいところです。ですので何人もの女の人と別れずキープしておくための方法を知り、ベストな愛人を見つけられるようにしましょう。

いつも自分は冷静に!追いかけられる関係をつくる

相手をとどめるために必要なのが、恋愛における上下関係です。自分じゃなく女性の方が会いたくてしかたない、だから会ってあげているという立場を確かなものにします。

上記のことを成立させるためには「好き」や「愛している」のような愛情を表す言葉を口にしてはなりません。また、こまめに連絡はとりつつも、会いたがっている素振りを見せないことも重要です。

ただし、そっけない態度をとる訳ではなく、車での送り迎えは必ず行い、食事やホテルは一定のクオリティを保つなど、デートそのものでは相手を満足させる必要があります。

身も心もこちらに依存しきっている状態をつくる

ある程度親密になり相手の好意が向いていることが確認できたら、肉体関係を結びましょう。精神だけでなく肉体的にも満足させ、完全に依存されている状態にします。

ただ、何度も会えず、一緒にいられる時間が少ない女性を性行為で満足させるのは非常に難しいことです。相手の性感帯や好きな体位などを短時間で見つけ、一回ごとのセックスの密度を上げなければなりません。

ですので体力に不安がある方や割とすぐ果ててしまう方は、バイアグラなど、何かしら事前に対策を立てておきましょう。相手への態度とは違い、デートに関するあらゆることを出し惜しみしてはなりません。ただし、ED治療薬は服用して瞬時に効き目が現れるというものではありませんから、デートの流れの中でタイミングを見て飲んでおくようにしてください。詳しくはバイアグラを処方してくれる医院のドクターから説明を受けましょう。安いモノではないので、正しく使って最大限の効果を引き出すようにしてください。

気持ちを確かめづらい状況を維持する

女性を自分のとりこにすることができたなら、キープまであと一歩です。普段の会話や態度で、それとなく束縛されたり関係をはっきりさせたりすることが嫌いだと伝えます。

「きっと好きだろうけど、気持ちを確かめたら今の関係が終わってしまうかもしれない」と思わせることで、相手をつなぎとめておけるでしょう。くわえて自分は一度も好意を伝えていないので、もし別れることになったとしても「勘違い」で済ませられる安全な立ち位置をたもてます。

要するに「自分と同じように彼も私を必要としている」と思い込む状況を作りだすことが、どっちつかずの関係を続けるための秘訣と言えるでしょう。ですが、いつまでも続けていると互いに疲れきってしまいますので、本命は早めに見つけだした方がいいでしょう。