引き際を察知!女性が愛人を辞めたい時の特徴

利害が一致している関係とは、逆から言えばどちらか一方でも利益を感じなくなれば終わってしまうということです。見事に愛人をつくることができても、もしかしたら関係に飽きて突然別れを切りだされることもあるかもしれません。無駄にお金や時間をかけずに済むよう、愛人をやめたがる時にみられる女性の特徴をはあくして、効率よく楽しめるようにしましょう。

つまらない話題をふられるのは別れたいから?

特徴をはあくするとは言っても、特別な素振りや癖があるわけではありません。普通につき合っている時と同じく、反応の悪さやちょっとした言動から読み取るだけです。

まずひとつ、気持ちがなくなっている時の特徴として、ふたりで共通して話せない話題をふるということがあげられます。男性の場合は好きな時でもしますが、女性は違います。

なぜなら女の人は、話し相手に共感や賛同を得てもらうことを喜びとするからです。ですので、まるで自分に興味のないことを延々話し続けるようになったら、あなたといたくないと考えている確率が高いと考えられます。

あえて仲違いするために文句を増やす!?

また文句の量が増えたり、ちょっとしたことで不機嫌になったりしたら注意した方がいいでしょう。単にわがままを言って自分に気があるか確かめているだけという可能性もありますが、つき合っている男性に飽きてきた女性も同じ反応をします。

特に気に入らないことがなくても、不満を作りだして「この人が悪いんだ」という思いをふくらますのは、好きじゃない男と別れるときの手段です。男の人に「うっとうしい」と思わせる効果もあり、うまく相手に別れを切りださせればあと腐れなく終わることができる、という計算までしていることもあります。

ですので、愛人とのデートでは定期的に様子を確かめて、もう駄目かどうかを見きわめた方がいいでしょう。もう潮時だと思ったら、次の愛人を探しはじめるのもいいかもしれません。

SNSでのやりとりを見れば一発でわかる!

そして決定的と言えるほどの特徴として、SNSや会話での反応が悪くなることが挙げられます。女性は基本的に話し好きであり、仲のいい相手としゃべらないということはまずありません。

もちろん仕事で疲れていたり、気分が優れなかったりするという可能性もあります。ですが、そういった場合はあとから少しはフォローが入るはずです。ですので反応が悪く、あとから謝罪や言い訳すらなかった時は、終わりが近いと思っていいでしょう。

ただ、なかには普段からそっけない態度の人もいます。しかし比較的長く一緒にいれば表情や言葉の返し方から、違いが読み取れるはずです。無駄にお金を使わないためにも、愛人が切り時かは常にチェックする癖をつけましょう。