mixiはまだまだ使える?

一時期に比べればずいぶんと勢いを失った印象のmixiですが、「出会い」という観点にしぼればまだまだ利用法はあると言えます。利用者が減ったからこそ生まれたメリットなどについて考えて見ましょう。

mixiユーザーの特徴とは?

ネットリテラシーの高いSNSユーザーであれば、おそらくすでにmixiは利用していないことが予想されます。こうした人たちは新しいものが好きですから、FacebookやTwitter、LINEなどのメジャーどころ、もしくはInstagramといったSNSに流れていると言えるでしょう。そのため、一気にmixiの利用者は減ったような印象があります。

しかし、実はこれが狙い目であるとも言えるのです。普段からネットに触れている人々というのは、ネット上の危機管理能力も高いと言えるでしょう。そのため、スパムメールやネット詐欺などについてかなり敏感になっているはずです。もしもあなたが「こんにちは、良かったらお友達になりませんか?」というようなメッセージを送ったとしても、警戒心からかリクエストに応じてくれない可能性もあります。

それに比べ現在のmixiユーザーは純粋に同サービスを楽しむようなタイプが多い傾向にあるでしょう。リテラシーが低い訳ではありませんが、いろいろなSNSサービスに登録している人に比べると比較的知らない誰かからの友だち申請も真剣に考えてくれます。もちろん、いきなりメッセージを送って「友だちになりましょう!」というのはマナー違反。はじめはコミュニティーの掲示板などで交流を図り、そこから徐々に関係性を深めていくのがオススメです。

ちなみに、Facebook同様、mixiでも同級生と再会できる可能性はあります。機能を追加することにより、疎遠になっていた女性たちとコミュニケーションを持てるかも知れません。こうした場合はいきなり友だち申請を行っても良いでしょう。

mixiを使ったコミュニケーション術

mixiで関係性を深めるためには、日記やつぶやきへのコメントが非常に大切です。今はTwitterやFacebookの普及により、あまり長文を書く文化がなくなってきましたが、mixiにおいては少し状況が違います。昔から一生懸命日記をつけていた人は、今でもこの習慣を続けている場合があるのです。

こうした日記に対してコメントをするとその人はきっと喜んでくれます。さらに、利用者が少なくなってきているということは、それだけライバルが少ないとも言い換えることができるでしょう。あなたと彼女だけの世界を作りやすいというのは、ある意味大きなメリットではないでしょうか?

mixiは確かに利用者が減り、失速気味のSNSであることに変わりはありません。しかし、だからこそ使い方によっては素敵な出会いを探すことができるとも言えます。