ネタ系アプリで盛り上がろう!

スマートフォンには数々の便利なアプリがありますが、逆にものすごくくだらないアプリというものも数多く存在します。ここでは飲み会など使える、ネタ系アプリをご紹介。くだらなさ100%ですが、お酒の席ではきっと役に立つでしょう。

あの年末の人気番組がアプリ化!?

宴会にはゲームがつきものです。そんな時に役立つのが「チキチキ罰ゲームルーレット大会」です。これは年末特番でお馴染みの、ダウンタウンのガキの使い「笑ってはいけないシリーズ」がリリースしたアプリで、ダウンタウンの元マネージャーである藤原寛氏の「アウトー!」というボイスが響き渡ります。秀逸なのは、なんと3000名以上の名字が音声で登録されているところ。藤原元マネージャーがメンバーの名前を呼んでくれるので、飲み会が更に盛り上がることでしょう。

気になるあの子の頭の中を覗いてみよう!

一時期大流行した脳内メーカーが、今ではアプリで楽しめるようになっています。使い方は非常に簡単。名前を入力すると、その人の頭の中がどんな風になっているのかを「欲」や「悩」といった言葉で表示してくれます。「お前妄想ばっかりしているだろー!」といった感じで盛り上がりましょう。ちなみに、これは完全なネタ系ツール。診断に正確性は皆無ですのでどんな結果が出てもご安心ください。

占いだってアプリにお任せ!

占いにはさまざまな種類がありますが、その中でも本来は知識のある人にしか頼めないのが「手相占い」です。しかし、スマートフォンのカメラと「みんなでプチ手相」を使えば簡単に手相占いができてしまいます。まずはアプリを立ち上げて、「恋愛」「お金」「エロ」の中から好きな項目を選択。あとはガイドに従ってカメラを手に向ければ鑑定開始です。特にエロジャンルは飲み会では最高に盛り上がること間違いなし!気になるあの子のエロ鑑定をしてみましょう。

芸人ばりの毒舌あだ名で盛り上がろう!

酔いが深まり、参加者同士の関係性も深まってきたらもうひと盛り上がりするために「毒舌ニックネームDX」というアプリを使ってみましょう。性別や年代などを入力していくと、とっても失礼なあだ名をアプリが提案してくれます。「よく見りゃブサイク」といった毒舌全開のあだ名を付け合って、飲み会をさらにヒートアップさせてください。

この他にも、スマートフォンにはさまざまなネタ系アプリがあります。少し探せばいろいろなものが見つかるので、ぜひ試してみてください。ちなみに、こうしたアプリは基本的にジョークで使うものです。そのため、冗談の通じない人の前では決して使わないようにするのが鉄則。また、まだ飲み会がスタートしたばかりの段階では、女性たちの心も開かれてはいないと言えます。そうした際に無理矢理ネタ系アプリを使うと、ちょっと引かれてしまう危険性もあるでしょう。必ず会の雰囲気を見極めてから使ってくださいね。