ネットで不倫がバレた!?

実録:ネット不倫での家庭崩壊1

愛人を作ることのメリットは当サイトでもお話してきました。ですが、不倫は堂々と肯定できるものではありません。これまで、何度も愛人を作り、不倫を繰り返してきた筆者に言われたくない!そう思われる方も多いでしょう。ですが、実際に不倫を経験した私だからこそ、そのデメリットやリスクをよく知っています。

そこで、ここではネットを使った不倫がバレてしまい、家庭を崩壊させてしまった…そんな私の体験談をお話したいと思います。
さんざん愛人の作り方について語っておいて、いまさらですが、あなたの大切なものを守るためにも目を通していただけたらと思います。

SNSで見つけたちょっとメンヘラ系の女の子

複数のSNSを併用していると、さまざまな女の子と知り合うことができます。これを利用すれば愛人作りは決して難しいものではありません。
ですが、相手の見極めはとても大切です。SNS上では本当の自分を隠して、別の人物を演じている…そんな方も少なくないのです。そこまで大袈裟ではなくても、少し自分を良く見せるために、ちょっと話を盛ったり、嘘をついてしまう…なんてことは誰にでもあるはずです。女の子との会話を楽しむため、あるいは愛人を探すために、独身を装う既婚者もかなり多いです。実際に私もずっとそうしてきました。女の子だってそうです。愛人になってくれる可能性を持った女の子は、少なからず男性の気を惹きたいと思っています。そのために、嘘をつくことがあるのです。なので、ネットで愛人探しをする場合、相手の見極めはとても難しくなります。

不倫がバレてしまうリスクを減らすために、私は絶対にメンヘラ系の女の子だけは避けるようにしてきました。こういったタイプの女の子にあまり深入りしてしまうと、別れられなくなってしまったり、自爆的にこちらの家庭を壊しにくるケースも多いからです。

ただ、メンヘラ系の女の子を見極めるのはそれほど難しいことではありません。普段の発言や、SNSへの依存度などを見ていればすぐにわかります。
サトミ(仮名)はまさにそんな「わかりやすいメンヘラ系」の女の子でした。普段なら絶対に手を出すことはありません。ですが、最終的に私は彼女に手を出してしまいました。

彼女とやり取りをするようになったきっかけは、持ちかけられた相談でした。彼女すでに、SNS上で知り合った年上の既婚男性と不倫関係にありました。
そのことについて、ダイレクトメッセージで相談を持ち掛けられたのです。正直、驚きました。私はSNS上ではさわやかな好青年を演じていました。既婚者であることも、前述の通り隠しています。不倫に関する悩みを解決できるようなキャラクターではなかったはずです。もしかすると、自分の正体が知られてしまったのでは?なんて思い、ちょっとしたパニックになってしまいました。
メンヘラ系の女の子にはできるだけかかわるべきではありませんので、無視する、という選択肢もありましたが、こんなケースははじめてでしたので、なんとなく彼女の相談に乗ってしまいました。

これが、サトミとの関係のはじまりで、私の家庭が崩壊してしまったきっかけになりました。今でも、あの相談に乗ってしまったことを後悔しています。